ペルージャJ

これがスタディオ・レナト・クーリだ!
Stadio "Renato Curi" Perugia

リナト・クーリ
旅行3日目、この旅の最大の目的である「ペルージャVS.インテル」観戦のため、ローマから2時間かけてペルージャに入る。A.C.ペルージャの公式グッズが買えるGALEXでHIDEのユニフォームやマフラーを買い、近くのドライブインでお昼を取って、いよいよスタディオ・レナト・クーリに到着!まだ開始2時間前とあって(試合は3時の予定)、スタディオ前の駐車場はがら空きだが、既に周辺には熱狂的なファンが押し寄せている(特にペルージャの熱狂的なサポータが左サイドの入り口に陣取っている)。バスから降り立ってペルージャの空気を存分に吸い込み、早速記念に一枚撮ってもらう(撮影はこの旅で親しくなった五十嵐さん。手には購入したばかりのHIDEのマフラーを持っている)。

レナト・クーリ
インテル戦とあってスタディオは超満員になることが予想され、サポーター同士の争いも予想される。そのため国家警察も出動していた。一見物々しい雰囲気だが、スタディオ周辺はのどかな雰囲気であり、 入り口で並んで開場を待っている間も、添乗員の澤田さんの豊富なサッカー観戦記に耳を傾け、親しくなった仲間と冗談を飛ばし合う。フランスワールドカップの話(澤田さんをはじめ何人かはフランスまで行って日本戦を観戦していた!)、ビックスタジアム(インテルやフィオレンティーナ)での観戦の勧めなど話題は尽きない。 そのうちフリーでやってきた日本人の若者が、購入した当日券が有効かどうか(結構こちらでは偽物のチケットをつかまされることがあるらしい)尋ねてきたが、澤田さんが親切に対応していた。

レナト・クーリ
そうこうしている間に遂に入り口の門が開かれ入場開始!今回はWOWOWが募集したツアーで、なんとメインスタンドが総勢480人以上(バスで言うと11台分)の日本人で埋まる格好になる。私は列の先頭に並んでいたので一番乗り。早速一目散に階段を昇りスタディオをこの目にする!一見して小さい、とてもアットホームな印象。列数を数えると全部で26列しかない。これならどこに座っても目の前で試合が見れる。抽選で引き当てたチケットは生憎24列目。 ちなみに五十嵐さんは3列目。ある若いカップルはなんと最後列。とりあえず自分の席に座ってみるが、柱が一本邪魔をしていてやはり視界はよくない。これなら思い切って通路に座れる!(いざ試合が始まったら、ダフ屋も誰も彼も試合に熱中して通路もどこも人でいっぱいになる、という説明を聞いたときから、席がはずれだったら前の通路に座ろうと密かに決めていた。)あとはその時がやってくるのを待つだけだ!